株式会社前田産業|熊本県熊本市|木造建築物解体工事|S造建物解体工事|RC建物解体工事|特殊建物解体工事|山留工事|舗装工事|土木工事|産業廃棄物収集運搬業

 

焼却炉解体概要

 

焼却炉解体概要

焼却炉解体概要
 
国民の健康を保護するため平成11年7月16日「ダイオキシン類対策と特別措置法」が発令。ダイオキシン類に関する施策の基本とすべき基準などの整備がされ、対応できない焼却炉が解体となり平成13年4月25日から発令された「廃棄物焼却炉施設内作業におけるダイオキシン類ばく露防止対策」に応じた焼却炉解体を行うことになりました。株式会社 前田産業は、平成10年からの焼却炉洗浄作業経験、「廃棄物焼却炉施設内作業におけるダイオキシン類ばく露防止対策」に応じた全国での焼却炉解体経験を活かし高い品質の焼却炉解体工事を行います。
 

焼却施設解体フロー

焼却施設解体フロー
 
 
 
(1)焼却施設の隔離養生
除染及び解体工事に伴う粉じんの発生に対し、建物及び煙突周囲を防炎シート、テープ目張り養生で隔離しダイオキシン類の周辺への拡散を防止します。養生方法は鋼管足場を組上げし、建物外部設備に対しては、天井部をテント状に構築し、完全隔離養生を実施します。
 
2)除染水対策
設備を除染した洗浄水は外部に流出しないよう作業エリア廻りにコンクートブロック積による防液堤を設置します。また地下へ洗浄水が浸透しないよう、コンクリートによる土間コンクリートの現場打設を行います。既存のコンクリートがある場合は、クラックチェックを行い、クラックが認められた箇所はモルタルにて確実に補修します。
 

3)残灰撤去・焼却設備除染
焼却設備内に残っている残灰・燃え殻撤去後、人力にて焼却設備内の除染を行います。作業員はばく露防止対策の保護衣・防毒マスクを着用し、高圧洗浄ガンにて高圧除染を行います。煙突内部は洗浄ロボを用いて、回転させながら煙突内を除染します。
 
 
(4)焼却設備の解体・撤去
除染工事完了後、建築物内・外部の焼却設備の解体撤去を行います。撤去時は粉じんが飛散しないよう、隔離養生の状態を保持したまま、設備の解体撤去を行います。解体はバックホウに解体用のアタッチメントを取付けた重機で行います。
 
 
(5)煙突の解体・撤去
焼却設備及び建屋の解体撤去と並行して煙突解体を行います。撤去時は粉じん飛散防止及び騒音対策として4面足場養生の行い、煙突解体を行います。煙突上部外筒・煙突内筒の解体は、クレーンによる解体を、煙突頂部は、ハンドブレーカーによる斫り解体を、バックホウの解体が可能な高さから、バックホウに解体用アタッチメントを取付けた重機で解体を行います。また粉じんの発生を防ぐため、散水を徹底します。
 
 
(6)建屋の解体・撤去
焼却設備解体撤去後、建屋の解体撤去を行います。撤去時は粉じん飛散防止及び騒音対策として必要な足場養生の行い、建屋の解体撤去を行います。解体はバックホウに解体用のアタッチメントを取付けた重機で行います。また粉じんの発生を防ぐため、散水を徹底します。
 
(7)整地作業・竣工
建屋の解体・撤去後、バックホウにて整地作業を行い、工事が完了します。
 

保護具・機器紹介

保護具・機器紹介
 
自社所有の保護具装置機器だからこそコストダウンが可能となりました。特に保護具は、レベル1~レベル4までコンプレッサーなども自社所有で高い安全性でばく露防止に力を入れています。
 
 
 
コンプレッサー
コンプレッサー
 
煙突除染用洗浄ロボ
煙突除染用洗浄ロボ
 
レベル4保護具
レベル4保護具
 
エアシャワーユニット
エアシャワーユニット
───────────────
木造建築物解体工事
S造建物解体工事
RC建物解体工事
SRC建物解体工事
特殊建物解体工事
重量物解体工事
山留工事
杭抜き工事
はつり工事
土木工事
舗装工事
産業廃棄物収集運搬業
産業廃棄物中間処理業
(移動式破砕)
──────────────────
株式会社 前田産業
〒861-4133
熊本県熊本市南区島町5丁目7番3号
TEL.096-358-6600
FAX.096-358-0754
──────────────────
㈱前田産業は国際規格
ISO14001:2004を
取得しております。
本社・福岡支店
───────────────
072897
<<株式会社前田産業>> 〒861-4133 熊本県熊本市南区島町5丁目7番3号 TEL:096-358-6600 FAX:096-358-0754